米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.11.27 
「生産調整の見直し行う」安倍首相一覧へ

 11月26日に首相官邸で開かれた第9回農林水産業・地域の活力創造本部で安倍首相は「40年以上続いた生産調整の見直しを行って自らの経営判断で作物を作れるようにする、そういう農業を実現していく」などと述べた。

 安倍首相の発言の概要は以下の通り。

 安倍内閣においては、あらゆる努力を傾け、農林水産業を若者に魅力ある産業にし、同時に、日本の農山漁村、ふるさとを守っていく。そのためには、経営マインドを持った農林水産業者が活躍できる環境を整備し、農業の構造改革を進め成長産業とし、農業・農村全体の所得の増加につなげることが必要だ。本日、林大臣を中心に取りまとめていただいた方向に沿って、安倍内閣の農政の大きな改革を進めていきたい。
 具体的には、経営所得安定対策を抜本的に再構築し、米の直接支払交付金など構造改革に逆行する施策を一掃していく。また40年以上続いた生産調整の見直しを行って、自らの経営判断で作物をつくれるようにする、そういう農業を実現していく。そして、食料安全保障に直結する麦・大豆、飼料用米の生産を振興し、さらに、日本型直接支払を創設。これによって担い手の規模拡大を後押しし、美しいふるさとを守っていく。


(関連記事)

水田農業改革を政府が決定 (13.11.26)

水田政策「万全な予算の確保」を 萬歳会長(13.11.26)

生産調整の廃止と「主作」栽培を強調(13.11.25)

米の直接支払い交付金7500円を提示 与党大詰め調整(13.11.21)

【クローズアップ農政】水田農業改革、計画生産を基本に 安藤光義・東大准教授に聞く (13.11.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ