左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米の早期栽培 作柄は「平年並み」2014年7月28日

一覧へ

 農林水産省は7月25日、26年産水稲の早期栽培の作柄概況を発表した。

 7月15日現在の概況。高知、宮崎、鹿児島の作柄は、宮崎と鹿児島で6月下旬の低温・日照不足で出穂に遅れがみられるものの、全もみ数は平年並みないしやや多いと見込まれることから「平年並み」との見込み。
 沖縄県の第1期稲の作柄は、台風8号の影響と野鳥とスクミリンゴガイによる被害で「不良」の見込みとなっている。

(関連記事)

【JA全農がめざすもの】第2回生産資材事業の重点課題 安田忠孝・生産資材部長インタビュー(2014.07.25)

3%配当を決定 JA全農総代会(2014.07.25)

【JA全農がめざすもの】第2回生産資材事業の重点課題 JA全農の総合力発揮(2014.07.23)

JA北魚沼が受賞 2014年GAP大賞(2014.07.16)

全国8カ所で飼料用米専門検査員研修 穀検(2014.06.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る