米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.11.19 
小麦収穫量5%増加 平成26年産4麦の収穫量一覧へ

 農水省は18日、平成26年産4麦の収穫量調査結果を発表した。


 全国における4麦(小麦、二条大麦、六条大麦、はだか麦(子実用))合計の収穫量は、101万9000トンで、前年産より2万4400トン(2%)増加した。
 このうち、北海道の収穫量は、1万8600トン(3%)増加して、55万5600トンだった。

【小麦(子実用)】
 全国の収穫量は前年産より3万7400トン(5%)増えて、84万9100トンだった。
 このうち、北海道は前年産より1万7800トン(3%)増の54万9700トンだった。これは作付面積が前年産より1400ha(1%)増加したことと、10a当たり収量が天候に恵まれおおむね良好だったことから、前年産より2%上回ったため。また都府県も作付面積が1100ha増えたことと、天候に恵まれ生育がおおむね良好だったことから10a当たり収量が前年産より6%上回ったことから、前年産より1万9600トン(7%)増の29万9400トンとなっている。

【二条大麦(子実用)】
 全国の収穫量は、10万7900トンで、前年産よりも8700トン(7%)減少した。これは、関東地域で収穫期の降雨の影響などで、穂発芽の発生などがあり、10a当たり収量が、前年産より8%下回ったため。

【六条大麦(子実用)】
 全国の収穫量は4万6800トンで、前年産より4700トン(9%)減少した。作付面積は前年産より400ha増えたが、関東地域において収穫期の降雨の影響などで穂発芽の発生などがあり、10a当たり収量が前年産より11%下回ったため。

【はだか麦(子実用)】
 全国の収穫量は、1万4800トンで前年産より100トン(1%)増加した。10aあたり収量が、香川県で播種期の降雨による発芽不良や2月中旬までの低温などの影響により生育の抑制があったことから前年産より4%下回ったが、作付面積が240ha(5%)増加したため。

 

(関連記事)

27年産民間流通麦入札結果(2014.10.21)

小麦作付面積1%増 他作物からの転換増える(2014.10.10)

"もち麦"テーマにフォーラム 香川・高松市で(2014.08.27)

堆肥施用が10倍に 環境保全型農業直接支払(2014.07.04)

JA全農が穀類種子消毒技術で独占使用権取得(2014.03.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ