左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ベトナム・カントー市で精米業者向けセミナー開催 サタケタイランド2016年2月12日

一覧へ

 サタケタイランド(タイ国パトムタニ県)の田中章一社長らは、1月14日、ベトナム・カントー市人民委員会を表敬訪問し、4月にカントー市において同市精米業者に向けて、最新精米機器紹介セミナーを開催することを決めた。

ベトナム・カントー市で精米業者向けセミナー開催 サタケタイランド 広島県は、JETRO(日本貿易振興機構)の地域間交流支援事業の一環として、広島県内企業とカントー市の企業ビジネスマッチング企画を2014年から実施している。
 2015年10月、同企画の一環として、同市人民委員会のダオ アン ユン副委員長一行が広島県を訪問。ベトナムに進出している企業として、東広島市のサタケ本社を視察した。
 一行はサタケの技術力を高く評価し、帰国後に地元マスコミなどを通して、カントー市の精米業者にサタケ製品の導入を推奨した。
 これを受け1月14日、サタケタイランドの田中章一社長らが同委員会を表敬訪問し、サタケ製品導入に向けた具体的な取組みを協議。4月に同市の精米業者向けの最新精米機器紹介セミナーを実施することを決めたものだ。
 サタケは、1989年からベトナムに精米機器を輸出しており、現在は乾燥機やコーヒー用光選別機なども市場に供給している。同社は4月のセミナーが、ベトナム市場での営業推進の更なる弾みとなることを期待している。
※本件に関する問い合わせは、(株)サタケ広報室TEL:082-420-8501まで。
(写真)カントー市人民委員会と協議

(関連記事)
サタケが創業120周年 「持続可能な農業の実現」目指す (16.01.08)

来春台湾で「おむすびのGABA」を開店 サタケ (15.12.21)

韓国でサタケ炊飯設備が稼動開始 サタケ (15.12.15)

GABA楽メシ「大盛り白飯」 サタケ (15.11.25)

小型・低価格のフルカラー光選別機「ピカ選MASTER」 サタケ (15.11.20)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る