米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.10.06 
31年度産民間流通麦の落札結果 全国米麦改良協会一覧へ

 全国米麦改良協会は、毎年原則播種前に2回実施している民間流通麦の入札を、今年は9月12日と26日に実施し、10月4日入札結果を公表した。

 第1回と第2回の入札結果は、以下の通り。
 小麦は24産地別銘柄21万4200tが上場され、20万4420tが落札され、指標価格は基準より6.8%高め。
 小粒(六条)大麦は、13産地別銘柄1万1040tが上場され、1万940tが落札され、指標価格はほぼ基準価格並み。
 大粒(二条)大麦は5産地別銘柄7810㌧が上場され、5600tが落札され、指標価格は基準より8.1%安め。
 はだか麦は4産地別銘柄2330tが上場され、2090tが落札され、指標価格はほぼ基準価格並み。
 落札残数量は、小麦や大粒(二条)大麦で数千tあったものの、売り手から再入札の申し出がなかったため、入札は終了となり、今後相対取引される。

 

(関連記事)
【熊野孝文・米マーケット情報】パン需要拡大推進協議会を設立するパン業界の狙いとは?(18.10.02)
都府県の麦収穫量 前年比3%減-30年産(18.09.27)
国産青汁2品が新登場 JA全農(18.09.20)
国産もち麦ごはんを新発売 JA全農(18.09.20)
輸入小麦の政府売渡価格 2.2%引き上げ-農水省(18.09.12)
海外ネットワークで飼料原料を安定調達 JA全農(18.04.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ