米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.10.09 
どんぶりイベントをシンガポールで開催 和テンション一覧へ

 和テンション(株)は日本米のおいしさを伝えるため、10月19日から21日、アジア初となる「DIYお米・どんぶりイベント」をシンガポールで開催する。

 このイベントはシンガポール人がDIYが好きな国民性であることから、来場者が好きなトッピング具材を選び、自分だけの「どんぶり」を完成させ、味わうという、今までにないお米イベント。楽しみながら、どんぶりを通して、日本産米の美味しさを体験することで、産地に訪れてもらえればという願いが込められたイベント。トッピング食材は、牛丼の具、てんぷら、ふりかけ、カレーなどを予定。現地の日本食レストランがブースを設けて参加するため、各店舗一押しの日本のどんぶりを再現することも、シンガポールテイストを満載したマイどんぶりもできる。
 日本人の食生活に欠かせないお米の美味しさ、質の高さは世界中で評価され、年々輸出が拡大している。多国籍国家シンガポールは、民族ごとに多彩なお米料理がある国柄で、もともとお米は身近な食材。近年の日本食ブームもあり、10年連続で日本からの輸入が増加し農林水産省認定の日本産米輸出先重点国となっている。
 和テンション(株)はおもに国内外の外国人観光客向けに世界11カ国(シンガポール、東京、台湾、タイ、香港、マレーシア、インドネシア、アメリカ、フランス、インド、メキシコ)でフリーマガジン200万部発行している。企業及び地方自治体のインバウンド施策のコンサルティングから、マーケティングリサーチ、外国人向けのパンフレットやツール制作、イベント運営、ファムトリップのアレンジ業務、そしてシンガポールを中心としたアジア進出サポート業務を展開している。

 

(関連記事)
スシローが台湾に進出 JA全農が日本産米提供(18.07.04)
日本産米使用の冷凍寿司 EUで本格販売-JA全農(18.05.31)
日本米は美味しいと中国で評判【馬場祥博・味千ホールディング事業発展総経理】(18.02.02)
【JA全農輸出対策部上野一彦部長に聞く】米の輸出は業務用がターゲット マーケットインで産地づくりを(18.01.31)
中国で日本産米の魅力を発信(18.01.30)
中国のeコマースで日本産米を販売-全農グループ(18.01.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ