左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BG無洗米でギネス世界記録認定 東洋ライス2019年2月26日

一覧へ

 東洋ライス(株)は、2月21日に「最大のサスティナブルフードレッスン(複数会場)」のテーマギネス世界記録に挑戦し、みごと認定された。

BG無洗米でギネス世界記録認定 東洋ライス

 具体的には、サスティナブルフード(持続可能な食)に関する専門家による講義を「複数会場」で一斉に受けた人数が世界最大になることで、ギネス世界記録の取得をめざすもの。
 そのサスティナブルフードの具体例が同社の「BG無洗米」だと考え、これを核としてギネス取得をめざすことにしたのだと同社では説明している。
 当日は、BG無洗米企業などの参加者がそれぞれ、メイン会場の東京「東京會舘」、サブ会場の「東洋ライス和歌山本社」と沖縄の「パシフィックホテル沖縄」の3会場にわかれて出席。講師が東京のメイン会場で行う講義(レッスン)が和歌山、沖縄のサブ会場でも同時中継されることで、「サスティナブルフードレッスン」と「小テスト」を受講した。レッスン途中で機材トラブルが発生して一時中断し最初からレッスンをやり直した(ギネス世界記録は中断せず連続でレッスンを受けることが条件)が、3会場での参加者が359名とこれまでの世界記録250名を大幅に上回り、無事、ギネスの世界記録として認定された。
雜賀慶二社長 BG無洗米でギネス世界記録認定 東洋ライス レッスンの内容は、
1)メイン講師である京都大学農学研究科の秋津元輝教授による「食から考える持続可能な未来」(50分)
2)サブ講師である東京農業大学の雜賀慶二客員教授による「BG無洗米で実現できる『持続可能な社会』」(20分)
3)小テスト(5分)
 世界記録に認定されたので、レッスン参加者には、それぞれの社名・組合名などが記載されたギネス世界記録公式参加認定書が渡された。
 同社では、「コメ業界だけではなく食品業界においても前例のない大規模かつ先駆的な世界記録取得は、コメ業界の将来を変える出来事になるものと大いに期待しています」とコメントを発表。同社の雜賀社長は閉会のあいさつで「ギネス認定された誇りにかけて、社会のために貢献していきたいと思います」と語った。

(写真)東洋ライスの雜賀社長

 

(関連記事)
今年も世界が注目する「世界最高米」取り組み開始 東洋ライス(19.01.24)
無洗米未来サミット開催 東洋ライス(18.11.16)
無洗米を評価 東洋ライスを「エコ・ファースト企業」に認定(18.08.08)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る