米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.11.16 
無洗米未来サミット開催 東洋ライス一覧へ

 東洋ライスは11月15日、東京都港区の明治記念館で、無洗米の普及拡大のため、「無洗米未来サミット」を開催した。

雜賀慶二・東洋ライス代表取締役社長 同社が世界初の無洗米「BG無洗米」を発売して27年、未だ多くの消費者が無洗米に正しい認識を持たず、その普及は十分になされていない。同サミットの狙いは、「BG無洗米」の開発意図や機能性を広く社会に発信することで、普及拡大に繋げていくことだ。
 当日は「BG無洗米」製造機を導入している全国37の企業が一堂に会するなど、大勢の報道陣が押し寄せた。

(写真)雜賀慶二・東洋ライス代表取締役社長

 

 サミットの冒頭、雜賀社長は「BG無洗米を広めてきたことが、世界中が取り組みを始めている国連のSDGs(持続可能な開発目標)に貢献することとなり、環境省からエコ・ファースト企業に認定された。『持続可能な社会を構築するための米』としてこれからも普及に努めたい」と語った。
 同社のBG無洗米は、世界で唯一、製造時にとぎ汁を出さず、添加物を使用しない製法で作られている。これは、普通米はもとより、他の無洗米でも実現できなかったことだ。年々米の消費量が減少し続けているにもかかわらず、BG無洗米のシェアは年々増加していることも、BG無洗米の価値を示している。

「無洗米宣言」をする東洋ライス 阪本哲生取締役副社長(写真中央)(写真中央)「無洗米宣言」をする阪本哲生・東洋ライス取締役副社長

 

 サミットの締めくくりに、阪本副社長は「食事という自然な形で、各人がSDGsに協力できるとしたら、素晴らしいことだ。今後も無洗米の普及を通じて、持続可能な社会のために尽力していくつもりだ」と述べ、同サミットを契機に、持続可能な社会の構築を実現できる唯一の「無洗米」であることを表明し、その実現に尽力する、として無洗米宣言を表明して、会を締めくくった。

 

(関連記事)
金芽ロウカット玄米で脂質異常改善 東洋ライス(18.11.13)
植物保護のためのSDGsでシンポ(18.10.24)
無洗米未来サミット開催などの近況報告 東洋ライス(18.10.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ