Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本酒コラボ缶CF「もやしもん×農学原酒」総支援額1100万円突破2021年3月2日

一覧へ

(株)Agnavi(神奈川県茅ヶ崎市)が運営する「いちごうかん(Ichi-Go-Can)」は、クラウドファンディングのCAMPFIREで実施したプロジェクト「『もやしもん×農学原酒』コラボ!東京農大の学生が醸す純米大吟醸を限定缶で届けたい」が目標の1100%を達成する大きな反響で終了したことを発表した。

日本酒コラボ缶CF「もやしもん×農学原酒」総支援額1100万円突破

同プロジェクトには、達成目標100万円に対して達成率1113%で達成額1113万円。支援者は1190人と予想を遥かに上回る支援があった。

東京農業大学の学生が開発したコクとキレのある純米大吟醸「農学原酒」と人気漫画「もやしもん」がコラボした同プロジェクトは、これまでの日本酒のイメージを覆す、飲みきりサイズでおしゃれな一合缶で、伝統的な日本酒に新たな風を吹き込む"缶"を提案した。今後の販売は未定。

同社は、東京農大大学院農学研究科の玄成秀さんが2020年2月に設立。「日本の生産者」と「グローバルな消費者」を直接結び付ける情報プラットフォーム「Agnavi」を展開。日本酒の分野でも、日本酒缶ブランド「Ichi-Go-Can(いちごうかん)」を通じて新しい飲み方を広めている。2020年4月末からは「日本酒プロジェクト2020」 の事務局として全国の酒蔵のべ56蔵と協働で推進している。

CF:もやしもん×農学原酒CF:もやしもん×農学原酒

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る