Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米:30年産米全国JA調査

30年産米・JAコメ担当者の声【四国】2018年11月14日

一覧へ

 本紙では全国213JAの米担当者から30年産米の現場での生育状況の特徴や、今後の米政策などの課題について率直な意見を聞いた。今年は地域によって作柄が大きく違うことが浮かび上がるとともに、毎年のように天候異変が襲うなか、品種も含め栽培管理がより重要になっているようだ。そうした現場を支える米の経営安定対策を求める声も多い。

【四国】

〈作柄〉
○稲の姿はよかったが、収量が少なかったと農家。登熟が悪かったかもしれない。
○水害の影響。飼料用米も収量が減っている。

〈課題〉
○飼料米は今年かなり減って主食用米に。買い取り価格が2年前よりアップしたから。
○高齢化や26年に米価が下がったときに面積が下がり、それからなし崩し的に減っている。
○保冷技術が上がって在庫を抱えるなか、新米が売れにくくなっている。野菜づくりへ転換する人も。今年は飼料用米の収量も落ちた。

 

(関連記事)
【30年産米作柄】全国主要213JAの集計結果(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【北海道】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【東北】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【北陸】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【関東・東山】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【東海】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【近畿】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【中国】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【九州・沖縄】(18.11.14)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る