Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米:30年産米全国JA調査

30年産米・JAコメ担当者の声【中国】2018年11月14日

一覧へ

 本紙では全国213JAの米担当者から30年産米の現場での生育状況の特徴や、今後の米政策などの課題について率直な意見を聞いた。今年は地域によって作柄が大きく違うことが浮かび上がるとともに、毎年のように天候異変が襲うなか、品種も含め栽培管理がより重要になっているようだ。そうした現場を支える米の経営安定対策を求める声も多い。

【中国】

〈作柄〉
○集中豪雨で作付けストップもあった。
○暑い日が続き水不足になった圃場では稲が枯れたところも。

〈課題〉
○コシヒカリが高温に弱い。新品種を試験。
○飼料米は昨年から伸び悩んでいたが今年大きく減った。主食用米になっている。大規模農家は米価下落を心配。生産者手取りが減らないよう複数年契約やJA独自販売などを。
○今後は気象の影響をしっかり考えるべき。
○米価が戻ってはいるが、水準は安い。原油価格が上がっているので他の資材コストを抑える必要がある。てほしい。

 

(関連記事)
【30年産米作柄】全国主要213JAの集計結果(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【北海道】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【東北】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【北陸】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【関東・東山】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【東海】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【近畿】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【四国】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【九州・沖縄】(18.11.14)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る