米・麦・大豆 特集詳細

特集:30年産米全国JA調査

2018.11.13 
30年産米・JAコメ担当者の声【北陸】一覧へ

 本紙では全国213JAの米担当者から30年産米の現場での生育状況の特徴や、今後の米政策などの課題について率直な意見を聞いた。今年は地域によって作柄が大きく違うことが浮かび上がるとともに、毎年のように天候異変が襲うなか、品種も含め栽培管理がより重要になっているようだ。そうした現場を支える米の経営安定対策を求める声も多い。

【北陸】

〈作柄〉
○梅雨明け以降、高温・多照が続き水不足。8月以降は台風で稲が倒伏した。
○米が細くくず米多い。猛暑、フェーン現象。
○生産者の技術は安定しており品質はいい。

〈課題〉
○国の政策が変わっても需給調整は必要。稲作に対するしっかりした政策がないと自給率は下がり続ける。
○生産調整をしなくても担い手が減り自ずと減産している。

 

(関連記事)
【30年産米作柄】全国主要213JAの集計結果(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【北海道】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【東北】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【関東・東山】(18.11.13)
30年産米・JAコメ担当者の声【東海】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【近畿】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【中国】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【四国】(18.11.14)
30年産米・JAコメ担当者の声【九州・沖縄】(18.11.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ