左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

25年秋季新商品72アイテム発表 雪メグ2013年7月22日

一覧へ

 雪印メグミルク(株)は7月18日、リーガロイヤルホテル東京で平成25年秋季新商品を発表した。「おいしさと健康を通じて、もっと楽しく、もっと元気に!」をキーメッセージに、新商品42品、改良品30品の計72アイテムの発表となった。

小西寛昭取締役 新商品発表にあたり、小西寛昭取締役が、市場環境や消費動向、新商品群の方向性などを説明した。
 それによると「東日本大震災の影響もあり、景気回復の兆しはあるものの、まだら状態」と分析。「消費者の低価格志向は継続しており、原材料コストアップへの対応が大きな課題となっている。消費税増税後の消費マインドの変化を睨み、変化を先取りする商品提案をしていく」と述べた。
 市乳部門では、好評のスイーツ「重ねドルチェ」に、フレッシュさ、素材感、手作り感など同社独自の生感(なまかん)を訴求した、3商品を投入した。リフレッシュに最適の「ヨーグルトスイーツ」、濃密感のあるささやかなご褒美「ティラミス」、洋ナシの甘み・香りを加えた心はずむ「キャラメルポワール」だ。
人気のスイーツ「重ねドルチェ」シリーズ 乳食品部門では、パン食の定番でシェア1位の「ネオソフト」に、ほのかな甘みの「みるく味」でパンの種類、食べ方、食シーンの多様化に合わせた「白いネオソフト」を追加した。
 また人気の「ベビーチーズ」を、容量と価格を変更した新シリーズとして発売する。新商品としては、クリーミーでマイルドな味わいの「カマンベール入りベビーチーズ」を投入した。
 業務製品部門では、冷たいままでも常温でも、加熱後冷めても良くのびる、糸引き性をプラスした「のびてるチーズソフト モッツァレラ入り」などを投入し、ラインナップの拡充を図った。

(写真)
上:人気のスイーツ「重ねドルチェ」シリーズ
下:小西寛昭取締役


(関連記事)

JAしべちゃ、雪印種苗、標茶町が生産法人設立(2013.06.11)

原料乳価値上げで増収減益 雪印メグミルク(2013.05.21)

香りが味の強度に与える影響 雪メグが研究(2013.04.15)

大樹工場内に「さけるチーズ」製造新棟を竣工(2013.04.05)

微生物試験で国際規格を取得 雪メグ(2013.03.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る