左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

原料乳価値上げで増収減益 雪印メグミルク2013年5月21日

一覧へ

 雪印メグミルクは5月9日、平成25年3月期決算を発表した。売上高は前年を上回ったが、原料乳価の値上げなどの影響で営業利益は減益となった。

 売上高は前年に比べて135億7400万円(2.7%)増の5229億8700万円だが、営業利益は、販売量や販売単価が挙がったものの、乳価の値上げや販売量増にともなう宣伝販促費の増加などを受けて同7億4900万円(4.8%)減の150億900万円だった。経常利益は14億9200万円(8.3%)減の163億8400万円、当期純利益は2億9900万円(3.2%)増の96億円、1株あたりの当期純利益は4.41円増えて141.49銭だった。
 事業別では、乳製品、飲料・デザート、飼料・種苗、その他とすべての事業で売上高は前年比増を達成した。
 とくに売上高が伸びたのは乳製品事業で、チーズ「こんがり焼けるとろとろスライス」「雪印北海道100 さけるチーズ」の販売増などをうけ、前年比4.8%増の1889億円だった。営業利益は同4.6%減の124億円。飼料・種苗事業は、飼料の販売数量は減ったものの、販売単価が上がったため、売上高はほぼ前年並みの464億円だったが、営業利益は同13%増の8億円と大きく伸長した。
 次期の業績は、各事業とも売上高が2?3%増えるとの予測から、売上高が同3.3%増の5400億円、営業利益は同13.3%増の170億円、経常利益は同0.7%増の165億円、当期純利益は同1%減の95億円と予測した。


(関連記事)

香りが味の強度に与える影響 雪メグが研究(2013.04.15)

大樹工場内に「さけるチーズ」製造新棟を竣工(2013.04.05)

微生物試験で国際規格を取得 雪メグ(2013.03.13)

スキージャンプ2大会に協賛  雪印メグミルク(2013.01.10)

雪メグが全日本ジャンプ大会に協賛  入賞者増やす (2012.12.17)

飲料、ヨーグルト、チーズが好調 雪印メグミルクが第2四半期決算 (2012.11.14)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る