肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2013.09.03 
配合飼料、1325円の価格補てん JAグループ一覧へ

 JA全農は配合飼料安定基金に加入する生産者の平成7〜9月期の配合飼料を対象に、トン当たり1325円の系統基金対策を実施する。総額23億円で、支出予定日は11月下旬。

 25年7〜9月期の配合飼料価格は、前期に比べ業界平均でトン当たり1449円(全農は1300円)の値上げとなった。この値上げに伴い配合飼料安定基金(通常基金)の補てん額は、業務方法書上トン5050円の値上げとなったが、昨年秋移行の高騰に補てんを続けてきたことから、7〜9月期の補てん財源が不足する状況になった。
 このため国は6月に、通常基金の財源不足対応として、満額補てんに不足する額の2分の1相当額(トン当たり1325億円、81億円)を、特別交付金として交付する緊急対策を発表した。
 JAグループは、残りの不足額について国と同額のトン当たり1325円の補てんを行い、7〜9月期の安定基金の補てんと合せて、実質的な満額補てん(トン当たり5050円)の実現となった。


(関連記事)

飼料メーカー支援など総額101億円 緊急対策(2013.06.27)

配合飼料供給価格、1300円値上げ JA全農(2013.06.21)

配合飼料価格、3200円値上げ JA全農(2013.03.15)

飼料高騰対策を要請 JAグループ(2013.06.07)

配合飼料価格、1-3月期は据え置き JA全農(2012.12.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ