左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

9月29日、大阪・舞洲でBBQフェス JA全農2013年9月26日

一覧へ

 JA全農は9月29日、大阪市此花区のアーバンオートビレッジ舞洲オートキャンプ場で「大阪バーベキューフェスティバルin舞洲 supported by JA全農」を開く。

 JA全農では毎月29日を「肉の日」として、国産農畜産物の販売拡大をはかっている。バーベキューフェスは4月に東京、8月に福島で開催されたのに続いて行われるもの。
 イベントの目玉はバーベキュー体験。滋賀県の近江牛、兵庫県の神戸牛などのブランド国産牛を始め、国産の豚肉、鶏肉、野菜などの食材費込みで参加費2000円(小学生以上1人あたり、要予約)。1グループ最大18人まで申し込みできる。申し込みはフリーダイヤル:0120-234-529まで。
 このほか、会場内でのスタンプラリーや宝探し、畜産クイズ選手権など入場無料で誰でも参加できるコーナーも充実している。
 イベントは11時開場。詳しくはイベントの公式ホームページで。


(関連記事)

「29日は肉の日」に3000人集う JA全農(2013.05.09)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る