肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2014.04.01 
畜産経営の管理技術 8事例が受賞一覧へ

 中央畜産会は3月26日、東京都内で全国優良畜産経営管理技術発表会を開き、25年度の表彰を行った。

 この発表会は、特色があり優れた経営実績を収めている畜産経営者を讃え、その取り組みを広く紹介することが目的。
 今年は、北海道足寄郡で酪農を営む村山昭雄・裕子さんら8件が表彰を受け、その取り組みを発表した。

 今年度受賞した8事例と発表テーマは次の通り(敬称略)。
○最優秀賞(農林水産大臣賞・中央畜産会長賞)
▽「苦農から酪農(楽農)への道のり―酪農歴50年を目指して―」村山昭雄・裕子(北海道・酪農)
▽「水田活用で広がるドリームファームの〜『常陸牛』率100%の一貫経営〜」佐藤宏也・博子(茨城県常総市・肉用牛(一貫))
▽「自分の肥育素牛は、自分で造る。肥育経営から始める、和牛繁殖・肥育一貫経営」向靖弘(広島県神石郡・肉用牛(一貫))
▽「人・鶏・環境にやさしい経営による地域農業の活性化を目指して」(有)鈴木養鶏場(大分県速見郡・採卵鶏)

○優秀賞(農林水産省生産局長賞・中央畜産会長賞)
▽「植生改善で乳量アップ―既存経年チモシー牧草地へのペレニアルライグラス追播による植生改善―」村田一浩・美幸(北海道広尾郡・酪農)
▽「〜耕畜連携による粗飼料生産が経営改善の糸口になる〜」佐藤弘(秋田県雄勝郡・肉用牛(繁殖))
▽「カドワキ流一貫経営 4本の矢で父の遺志を受け継ぐ6次化への道」(有)三重カドワキ牧場(三重県四日市市・肉用牛(肥育))
▽「環境問題に取り組みながらHACCPを取り入れた、私の養豚経営」(有)中村ファーム(長野県千曲市・養豚)


(関連記事)

飼料用米で育てた畜産物 9割が購入希望(2014.03.31)

酪農家の全国調査を実施 中央酪農会議(2014.03.27)

畜産・酪農も基本方針見直し-農水省(2014.02.19)

青色申告と第三者継承の手引書 中央畜産会(2014.02.13)

TPPで畜産は壊滅的打撃 中央畜産会(2013.03.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ