想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鳥取で鳥インフルH5亜型検出、東京では陽性2014年11月28日

一覧へ

 環境省は、鳥取、東京、宮城における鳥インフルエンザ検査状況について公表した。

 鳥取市で11月18日に改修された野鳥の糞便1検体から、11月26日に高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出された。環境庁は糞便採取地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に設定し、監視を強化する。
 東京都大田区で11月26日に回収されたホシハジロの死体(1体)について、東京都が簡易検査をしたところ、A型インフルエンザ陽性反応が確認された。今後、環境省が動物衛生研究所に依頼して高病原性鳥インフルエンザウイルスの確定検査を実施する。結果判明には1週間程度かかる。
 11月19日に宮城県栗原市で回収され、簡易検査でA型インフルエンザウイルス陽性となっていたオオハクチョウ(死亡個体1体)について、北海道大学で確定検査を行っていたが、A型インフルエンザウイルスは検出されなかったので、27日、環境省は、この件に係る野鳥監視重点区域を解除した。


(関連記事)

【対談 村上前副会長・伊藤前常務(後編)】大災害に協同の本領発揮 高齢化社会の世界モデルに(2014.10.10)

米国カリフォルニア州からの家きん輸入停止解除(2014.09.17)

米国ニュージャージー州からの家きん肉輸入停止(2014.08.29)

動物インフルエンザでシンポジウム 農研機構(2014.08.26)

米国からの鶏肉・卵の輸入条件緩和(2014.08.25)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る