肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2019.02.25 
グアムに向け千葉産鶏卵輸出 農水省一覧へ

 農水省は2月22日、米国(グアム)に向け第一便となる鶏卵が輸出されたと発表した。

 米国への鶏卵の輸出は、2004年の解禁要請以降、昨年10月16日にようやく解禁となった。他国への実績はあり、香港やシンガポールには、昨年5866t(15億2900万円)輸出している。
 今回、千葉県の事業者の輸出に向けた手続が完了し、2月22日に第1便として、米国(グアム)向けに鶏卵約350kg(10個入り576パック)が輸出された。
 輸出された鶏卵については、現地の日本食材専門の小売店で販売されるほか、現地のホテルに対する販売促進に使用される予定だ。

 

(関連記事)
米国向け食用生鮮殻付鶏卵の輸出解禁(18.10.17)
食用卵および卵製品 台湾向け輸出を再開(18.01.10)
たまごかけご飯に最適「とくたま」販売 JA全農たまご(17.07.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ