生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

北海道の一貫肥育牧場 クラウドファンディングで支援募集 長沼ファーム2021年1月28日

一覧へ

北海道長沼町で一貫肥育牧場を運営する(有)長沼ファームは1月7日、オリジナル和牛「馬追(まおい)和牛」を少しでも多くの人に食べてもらうため、クラウドファンディングの CAMPFIREでプロジェクトを開始。3月21日まで支援を募集している。

北海道の一貫肥育牧場 クラウドファンディングで支援募集 長沼ファーム

長沼ファームは、「馬追和牛」の一貫肥育生産拡大に向けて取り組む牧場。2018年10月に発生した胆振東部地震の際は、震源地にあたる同社の安平分場は震度6強の大きな揺れに襲われたが、その復興のさなかに新型コロナウイルスの影響で和牛の需要の激減。困難が続いているが、365日愚直に牛たちと向き合っている。

馬追和牛のサーロイン馬追和牛のサーロイン

プロジェクトの「馬追和牛 美味しい和牛食べて下さい!」では、少しでも多くの人に「馬追和牛」の美味しさを知ってもらい、生産者が誰にでも誇れるブランドに消費者と創り上げていくことをめざす。同社は「まずは食べてみてください。そして、『美味しい』と思っていただけた方には、新しい和牛のマイブランドとして馬追和牛を選んでいただけると嬉しい。それが私たちの生産の励みにも繋がります」と話している。

長沼ファームでは、受精、妊娠期間、分娩、出生、育成、肥育のすべてのステージを管理し、現在は約1100頭を飼育している。同社で生まれた牛を個体管理することで、一頭一頭の性質を深く理解し、能力を引き出すことに努め、エサには良質な牧草・稲ワラ以外に発酵飼料(ビール粕サイレージ・米粕発酵飼料)などを与えている。「馬追和牛」は、肉の旨味成分であるオレイン酸含有率は50を越え、「旨味」「脂切れの良さ」などで評価が高い。

【CAMPFIRE 長沼ファーム支援サイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る