左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「北と南の交流協定」締結  JA津軽みらい・JA南さつま2013年1月25日

一覧へ

 JA津軽みらい(青森)とJA南さつま(鹿児島)は相互交流を深めることを目的に1月24日、東京・大手町のJAビルで「北と南の交流協定」を締結した。

締結式で握手を交わすJA南さつまの下野組合長(中央左)とJA津軽みらいの阿保組合長(中央右) 両JAは青森県の旧平賀町(ひらかまち)と鹿児島県の旧知覧町(ちらんちょう)がかねてから姉妹都市として交流がさかんだったことをきっかけに約10年前から特産物を中心とした交流を続けてきた。
 今回、交流協定を締結したことで、農業振興の情報交換や役職員の人材交流、自然災害発生時の助け合いなど、「なおいっそう絆を深めていきたい」(JA南さつま農産・生活担当・柚木弘文参事)としている。
 締結式でJA津軽みらいの阿保直延組合長は「より広く、より深く交流していきたい」、JA南さつまの下野賢治組合長は「農協は地域とともにある。一緒になってがんばっていければ」と述べた。
 JA全農営農販売企画部の久保省三次長は「現在検討中の次期中期3カ年計画の大きな柱は元気な産地づくりと国産農畜産物の販売強化。その具体的な取り組みとしてJA同士の積極的な交流はとても重要。今後も場の提供などで協力していきたい」と話した。
 この日、JAビル4階農業・農村ギャラリーでは交流協定締結を記念して農産物や加工品の合同販売会を行い、JA津軽みらいのりんごやJA南さつまの知覧茶やキンカンなどが並び、客足は盛況だった。合同販売会は25日も行った。

24日の合同販売会のようす


(写真)
上:締結式で握手を交わすJA南さつまの下野組合長(中央左)とJA津軽みらいの阿保組合長(中央右)
下:24日の合同販売会のようす

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る