JAの活動 ニュース詳細

2013.07.29 
JA全中、地域営農の推進役養成を一覧へ

 JA全中は8月25、26日の両日、東京・大手町のJAビルで地域営農コーディネーター全国交流研修会を開いた。JAの事例報告をもとに、JAグループが全国で取り組みを進めている集落・地区での地域営農ビジョンづくりを支援する担当者の持つ経験と知識を交換。JAによって位置付け、呼び方はさまざまだが、特に集落営農の前提となる農地の利用権集積や担い手を育成する上で、地域の事情をよく知ったコーディネーターの役割の重要性が明らかになった。

地域営農コーディネーターのあり方で意見交換した全国交流研修会 JAグループの地域営農ビジョンづくりは、平成24年5月のJA全中理事会の「地域営農ビジョン策定・実践強化全国運動方針」に基づいて取り組みを開始し、10月のJA全国大会で意思統一した。これに沿って25年度は全国運動の普及や推進対策の強化、そして実際、現場で支援する地域営農コーディネーターの育成支援などに取り組んでいる。
 研修会では、農地の集積に関わる農地政策をめぐる情勢について、農水省経営局農地政策課の渡邉正芳課長補佐が報告。特に農地の中間的受け皿(農地中間管理機構:仮称)に触れ、すでに耕作放棄地となっている農地のほか、所有者の死亡などによって放棄地になるおそれのある農地も対象にして手続きの大幅な改善・簡素化を検討していることなどを明らかにした。

(写真)
地域営農コーディネーターのあり方で意見交換した全国交流研修会

◆経理・経営診断の知識が必要

 現地からはJAいわて花巻が「担い手支援アドバイザー」の活動を報告。同JAはOBによる15人のアドバイザーが、集落ごとの集落ビジョンづくりを支援。また、農家組合に全職員を張り付けて、ビジョンづくりや事務局としての支援をしている。同JA営農振興課の小原正士課長は「法人化対応、経理、経営診断など、アドバイザーのスキルアップが求められる」と指摘し、またアドバイザーの後継者育成の必要性を挙げた。
 集落営農づくりのため、法人化と農地の集積に力を入れている、やまがた農業支援センターの池田勝美・法人化推進員は、集落営農づくりにかかわってきた長い経験から、進員の心がけとして「常に自分の目で確かめ、アンテナを高く持って、いろいろな情報に関心と興味を持つように」と助言する。

◆「OB協力会」を嘱託に

 農地の面的集積への取り組みを報告したJA熊本うき営農指導部の松田政明氏は、JAのOBを積極的に活用することを指摘。同JAは「OB協力会」があり、嘱託や臨時職員として在職中の経験を生かせる部署で活躍している。「土地持ち非農家は誰に相談すればよいか悩んでいる。JAが間に入ることで組合員から信頼が得られる」という。

◆リーダーの養成が鍵

 

 実際の法人経営から、広島県の「農事組合法人ファーム・おだ」の吉弘昌昭組合長が報告。自身が県の職員だったころ、15年から始めた集落営農法人リーダー養成講座の効果を挙げ「参加者の数と集落法人設立の数が比例している」と、リーダー育成の必要性を強調。また、大規模法人がともすれば対立しがちなJAとの関係について、「JAと集落法人は車の両輪。お互い力を蓄えるための切磋琢磨が必要」と指摘した。なお、JA全中は今後、こうした研修会を地区、県域で開く考えだ。


(関連記事)

地域農業の現状・予想をウェブで公開 農研機構(2013.07.16)

【ブックガイド】やってよかった集落営農 ホンネで語る実践20年のノウハウ(2013.07.12)

総収入3000万円以上が3割 集落営農の実態調査(2013.07.01)

日本最大の農事組合法人が誕生 農事組合法人となん(岩手県盛岡市)(2013.03.22)

10年後の地域農業と暮らしをどう描くか?  地域営農ビジョン実践交流研究会より(2012.08.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ