Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

半世紀の活動を祝う アジア農協振興機関2013年8月9日

一覧へ

 アジア農業協同組合振興機関(IDACA)は8月8日、東京都内で設立50周年記念「IDACA半世紀・感謝の夕べ」を開いた。国際協力機構(JICA)や研修生を受け入れたJA、農水省などの関係者約80人が出席し、あらたな活動に向け、気持を新たにした。

ICA-APから記念の楯を贈られる萬歳章理事長(右) 主催者あいさつで萬歳章理事長(JA全中会長)は、「協力対象国はこの50年で、中国、韓国が卒業し、今はカンボジア、ラオス、ミャンマーなどが中心になった。この半世紀、組織の名称も活動も変化していない。JAの自助活動がいかに優れていたかを示すものだ。今後とも協同組合の理解者を育て、世界との共生に貢献していく」と決意を語った。
 「感謝の夕べ」には国際協同組合同盟アジア太平洋地域(ICA-AP)事務局長のチャンポー・チョイ博士がIDACAに感謝の意を顕す楯を贈った。
 IDACAは、1963年に設立されたJAグループの国際協力事業で、海外農協人の養成研修や調査研究・開発協力などを行う。これまでアジア諸国はもとより、アフリカ、中南米などから6000人近い研修生を受け入れてきた。

(写真)
ICA-APから記念の楯を贈られる萬歳章理事長(右)


(関連記事)

広報・情報提供を強化 IDACAが理事会(2013.06.03)

IDACA創立50周年に向け、サポートチーム発足(2013.04.16)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る