Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA東西しらかわで現地研究会 農協研究会2013年9月25日

一覧へ

 農業協同組合研究会(会長:梶井功東京農工大名誉教授)は11月16、17日の両日、JA東西しらかわ(福島県)で第8回現地研究会を開く。テーマは「農協事業の新機軸による地域農業振興」。

nous1309250602.jpg 政府の規制改革会議や産業競争力会議では成長戦略の一環として農業分野の「規制見直し」の観点から農地制度や農協のあり方などが検討されている。
 この現地研究会では、こうした情勢への対応を現場に即して考えようというのが目的。同JAの「みりょく満点」ブランドづくりや、福島県のJAとして震災からの復旧、復興の取り組み、また、原発事故の風評被害の払拭などを目的とした新たな植物工場の建設などを視察するほか、同JAの鈴木昭雄代表理事組合長や梶井功氏の講演などを行う。
 11月16日の14時からJA東西しらかわ本店で。参加費1万5000円(宿泊費、懇親会費昼食費など込み)。
 問い合わせ・参加申込みは農業協同組合研究会事務局(一般社団法人農協協会内、TEL:03-3639-1121、Eメール)まで。

(右チラシはクリックするとA4サイズのPDFにリンクします)

 詳しいプログラムは次の通り(敬称略)。

○初日(11月16日)
▽講演「JAの運営における基本概念」鈴木昭雄・JA東西しらかわ代表理事組合長
▽講演「JAの復旧・復興への取組み」薄葉功・JA東西しらかわ信用担当常務理事
▽講演「JAの『みりょく満点』ブランドづくりを中心とした事業展開」金澤一成・JA東西しらかわ営農経済担当常務理事
▽懇親会
○2日目(11月17日)
▽講演「JA東西しらかわの現状をみて」梶井功・東京農工大学名誉教授
▽現地視察・植物工場、みりょく満点栽培農家、貝化石の採掘工場など


(関連記事)

農業協同組合研究会ホームページ

農業協同組合研究会が総会(2013.06.03)

「自民党農政を問う」テーマに第19回農協研究会(2013.03.11)

支店拠点化はどう進めるべきか 農業協同組合研究会(2012.12.17)

次世代につなぐ地域づくりを考える 第7回現地研究会inJAいわて花巻(2012.09.05)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る