左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全支所で広報誌発行 JA熊本うき2013年10月28日

一覧へ

親しまれるJAづくりへ

 JA熊本うきは、支所それぞれ独自の広報誌を発行し、地元の身近な情報を提供することで、組合員や利用者に親しまれるJAづくりをめざしている。

全支所の手づくり広報誌がそろった。 JAグループは昨年の第26回JA全国大会で、支店(支所)を拠点とした協同組合活動の実践をうち出しており、同JAではその取り組みの一つとして、さらに内容を充実させていく考えだ。
 「JA全体の広報誌はあるが、広域合併して、地域にはそれぞれ特徴がある。その情報をくみ上げ、組合員とのつながりを深めたい」(同JA総合企画課)と考え、支所(地区)での広報誌づくりを始めた。編集は支所の自由裁量で、担当者はいるが支所職員全員の知恵を集めた作品だ。年4回の季刊で、今回の夏号が創刊号。7支所の手づくりの広報誌がそろった。
 広報誌の名称は、支所名の後に「…通信」や「…かわら版」というのから、地区名をもじったものまでさまざま。創刊号ということもあり、内容は新人職員や地区の理事、担当者などの人物紹介が多い。他にイベント紹介やJAについての「Q&A」、さらには職員による4コマ漫画まで、それぞれ工夫の跡がうかがえる“力作”ばかり。事業推進や渉外活動の時に持参し、組合員との話題づくりに役立っている。


(写真)
全支所の手づくり広報誌がそろった。


(関連記事)

「芸術の秋」を堪能して JA福岡市(2013.10.09)

"災害列島"への備えを JAあいち中央(2013.10.07)

JAの「思い」伝える広報誌 紙面づくりのポイント(2013.10.01)

営農指導員の1日に密着 JAあいづ(2013.08.07)

外からの視点で地場産を再発見 JAとぴあ浜松(2013.07.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る