JAの活動 ニュース詳細

2015.01.20 
事業利益マイナスに転じる 上半期総合JA経営速報一覧へ

 JA全中は15日、平成26年度上半期総合JAの経営速報を発表した。事業管理費、うち人件費ともに前年同期に引き続き減少となったが、事業総利益の減少が大きかったため、事業利益はマイナス9.6%の減益となった。

 事業取扱高は貯金が前年同期比で2.2%増となったが、貸出金、長期共済保有高、購買品供給・取扱高、販売品販売・取扱高は、いずれも1.4%、2.7%、7.3%、1.2%のマイナスになった。
 販売費販売・取扱高は前年同期のプラスからマイナスに転じた。25年産米の販売価格低迷と雪害による影響があったものとみられる。
 一方、事業総利益は1.5%の減少となった。これは6年連続。信用事業が0.5%、販売事業が0.8%それぞれ増加したが、共済事業が1.3%、購買事業が8.2%それぞれ減った。
 経費は、人件費を中心とする、事業管理費が引き続き減少しているが、事業総利益の減少幅がこれを上回ったため、事業利益はマイナス9.6%となった。信連・農林中金・JA共済連の出資配当の増加はあったが、経常利益も4.5%のマイナスとなった。

(関連記事)

TPP「決議実現求め、運動継続」萬歳全中会長(2014.01.17)

ごはん食の大切さ、受け継いで JA全中が表彰(2014.01.10)

地域営農ビジョン大賞、受賞組織決まる JA全中(2014.01.07)

農政課題で要請活動 セミナーの決議実現を(2014.01.06)

反政府デモとコメ政策 タイの農業事情を学ぶ(2014.01.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ