左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

活かす、都市農業! 全中がパンフ作成2015年5月27日

一覧へ

 都市農業振興基本法が4月22日に公布・施行されたことを受けてJA全中は都市農業への理解と振興を図るためにパンフレット「活かす、都市農業! 緑ある豊かなまちづくりに向けて」を作成している。

 パンフレットでは市街化区域農地面積は全農地の2%(8.4万ha)で戸数は22.8万戸(9%)だが、野菜や果樹などを中心に都市近郊という立地条件を活かした効率的な農業が営まれていることを紹介している。都市農業の農産物販売金額は4466億円だという。
 都市農業はこうした新鮮で安全な農産物の供給の役割を果たしているだけでなく、災害時の防災空間、都市住民への農業理解の場、体験、交流の緑地空間としての役割を果たしている。
 ただ、都市農地はこの20年間でほぼ半減したほか、地方圏では生産緑地制度がほとんど導入されておらず農地維持が難しくなっている実態もある。そのなかで住宅余りの時代への変化や住民意識の高まりなどを背景に都市農業の重要性が改めて認識されてきた。それを受けて成立したのが都市農業振興基本法で、JAグループとしても振興と保全に向けてJAが准組合員をはじめとした地域住民と連携した取り組みを進めるとしている。

 

(関連記事)

全中会長選出スケジュール決める JA全中 (2015.05.18)

復興支援募金8000万円超 JAグループ JA全中 (2015.04.10)

JAの役割知り、決意新た 全国機関新規採用職員研修会(2015.04.08)

【TPP】JAグループが国会決議実現へ特別決議(2015.03.20)

総力あげ自己改革 第61回通常総会 JA全中(2015.03.13)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る