左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産茶葉100%使用の全農ブランド2015年6月1日

一覧へ

 JA全農は国産農畜産物の消費拡大や国産原料のこだわった食の提案を目的に、昨年から「全農ブランド」の発売を開始したが、夏に向け国産茶葉100%の全農ブランド飲料を発売する。

 食の安全性が強く求められるなか、日々の飲料の品質にもこだわる消費者は増えており、今回は国産原料使用・国内製造100%の全農ブランドの茶飲料を販売する。
 夏季に需要が増えるペット茶は国産烏龍茶葉100%使用の「日本の烏龍茶」とオリジナルブレンドの緑茶「日本のお茶」の2種類(いずれも500ml、本体価格128円)。
 また、「静岡茶」、「宇治茶」、「知覧茶」のティーバック茶も発売する(いずれも本体価格500円、三角テトラティーバッグ1.8g×20袋)。
 「日本の烏龍茶」はハラダ製茶が委託製造。同社は国内で唯一、オートーメーションで全行程の加工が可能な烏龍茶の室内製造ラインを保有。国内での再現は難しいと言われていた半発酵も中国技師から技術を取り入れ6年前から製造を開始した日本の烏龍茶のパイオニア的な企業。全農とともに日本の茶農業の保全に努めている。

 

(関連記事)

ABC Cooking Studioと地産地消などで連携 JA全農 (15.05.26)

米の事前契約拡大で相場形成 JA全農 (2015.05.22)

アキバでふくしま応援産直フェア JA全農福島他 (2015.05.15)

「銀河浪漫」錦糸町店オープン JA全農 (2015.05.12)

担い手への定期訪問 着実に定着 JA全農 (2015.05.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る