左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コスト削減をPR JA全農営農技術センターがマスコミに2016年3月24日

一覧へ

 JA全農は3月23日、在京のマスコミ各社を招き、神奈川県平塚市にある営農・技術センターの現地視察会を行った。JA全農が農業の生産コスト削減や安全・安心な農産物の研究に取り組んでいる実態をPRした。

JA全農営農技術センター 同研究センターは全農の研究部門で、農産物の生産から販売までの事業を技術面から支える組織。JA職員の講習・農産物商品開発・残留農薬検査から、肥料・農薬・生産資材・燃料などの研究を行っている。
天敵防除のバンカーシートによる試験ほ場 視察では、特に同センターが開発した、水稲育苗ハウスを使ったJA全農式トロ箱溶液栽培システム「うぃずOne」や天敵による害虫防除の「バンカーシート」、フレキシブルコンテナの品質試験などを紹介した。
 意見交換では、生産資材の流通、価格について、JAとホームセンターなどの商系の違いなどが焦点になった。出席したJA全農の山﨑周二常務は「安全・安心など、品質面で有益かどうかという農家サイドに立った事業を行っている。利益が目的ではないので、資材は販売するのではなく、供給と言っている」と、一般の企業の違いを強調して、協同組合組織への理解を求めた。
(写真)現地視察会の様子、天敵防除のバンカーシートによる試験ほ場 

(関連記事)

JA全農とホクレン共同出店「北海道AND青森マルシェ」 (16.03.23)

「食を通じた地方活性化」目指し かごの屋と四国フェアでタイアップ JA全農 (2016.03.07)

「JA全農」スマホのアプリ登場! 店舗利用もお得に (16.03.04)

仙台駅に 地産地消飲食店 「みのりカフェ」「グリルみのる」 3.18オープン JA全農 (16.02.02)

牛の呼吸器病を一括検査-JA全農 (16.02.02)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る