Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAが全力で被災地域支援-全中がコメント2016年4月19日

一覧へ

 JA全中は4月18日、「平成28年熊本地震」に関するJAグループのコメントを発表した。

 コメントはJA全中の奥野会長名で以下の内容。

  ◇    ◇

  4月14日以降、熊本県を中心に発生した地震により、被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
 現在、被災地のJAでは、被災され避難等をされている農家組合員をはじめとする地域の皆様への支援を全力で行っております。また、田畑や畜舎の損壊や農道の破損などの農業被害の確認に取り組んでおります。
 JAグループは、4月15日に対策本部を立ち上げ、本会職員を現地へ派遣し、情報収集と具体的な支援の検討をすすめております。
 今後は、募金活動をはじめとして、被災地の状況や要望に応じて、JAグループを挙げて取り組んでまいります。被災地の一日も早い復旧を祈念申し上げます。
平成28年4月18日
全国農業協同組合中央会・会長 奥野長衛

   ◇    ◇

 JA全中によると熊本地震対策中央本部は18日もJAグループ全国機関の常勤役員で構成する幹事会を開き情報収集と今後の対応を検討した。
 発表されたJAグループのコメントにもあるように、JA全中からJA熊本県中央会に職員2名を派遣するとともに、今後はボランティア、JAグループ支援隊などの派遣も検討するほか、現地のニーズを把握して物資の支援、災害支援募金の実施、全国連による見舞金などを検討していくという。

今日のニュースへ戻る

(熊本地震の関連記事)
農業施設に被害-熊本地震 (16.04.19)

大分県内全支店に 地震の特別相談窓口 日本公庫 (16.04.19)

熊本地震 特別相談窓口設置 日本公庫 (16.04.18)

JAの救援始まる しまねが第1便 熊本地震 (16.04.18)

【熊本地震】一部農地に土砂流入、食料支援と被害把握に全力-農水省 (16.04.18)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る