左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【熊本地震】JAグループ支援隊の活動を延長2016年5月13日

一覧へ

 熊本地震被害に対してJAグループはJAグループ支援隊(ボランティア派遣)を行っているが、現地からの要請で派遣期間を延長することにした。

 JAグループは4月15日に奥野全中会長を本部長とする「平成28年熊本地震対策中央本部」を設置した。被災地への救援物資支援、JAグループ支援募金の実施のほか、現地からの要請をふまえ全国のJAグループの各団体に対して災害復旧を支援するボランティアを募り、都道府県中央会、JA全国機関で集約し4月24日から5月21日まで派遣することにしていた。
 現在までに3日間を派遣期間として第1陣から第8陣まで、平均して連日60人が全国から現地に入り、選果場や農家のほ場で農作業を手伝うなどの支援を続けている。選果場への支援で果実や野菜の集出荷も行われるようになったが、現地からは農家のほ場での作業について農業知識のあるJAグループ職員の援助を要望する声も出ているという。そのため当面は6月11日まで派遣期間を延長する方針だ。
 熊本地震での農業被害では、水田の地割れなどによって水稲の作付けができない農地も出ている。水稲に代えて大豆の作付けへの転換も課題となる。そのほか作物の被害ではスイカにも被害が出ているという。激震でスイカが農地から跳ね上がって落下したため損傷したり、度重なる余震で蔓がよじれて成長が止まってしまった実もあり、それらが畑に放置されているという。
 こうした被害に対して全国のJAに支援隊の派遣を引き続き要請する方針だ。

今日のニュースへ戻る

(熊本地震の関連記事)
熊本地震へ 緑の募金(16.05.13)

【熊本地震】作付転換と被災集出荷施設の補修など支援策実施-農水省 (16.05.12)

熊本地震で特例措置 貸付限度額引き上げなど 日本公庫 (16.05.12)

買って熊本農業の支援を 東京・大手町のJAビルでPR (16.05.12)

【熊本地震】農林水産関係被害1085億円超-農林水産省 (16.05.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る