Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

熊本地震へ 緑の募金2016年5月13日

一覧へ

 公益社団法人国土緑化推進機構は4月19日から、平成28年熊本地震の支援を『「緑の募金」使途限定募金(平成28年熊本地震復興支援事業)』で行っている。5月14日と15日に東京都千代田区の日比谷公園で開かれる「みどりとふれあうフェスティバル」でも募金を行う。

組手什を使った棚、配布される「『くまモン』チャリティ・ピンバッチ」 使途限定募金は、▽被災森林の復旧に向けた緑化活動、▽避難所や学校周辺の緑化活動等の支援に使用される。5月7日と8日には、すでに熊本県西原村の山西小学校避難所への緑化活動支援として、間伐材や製材時の端材を有効活用した「組手什(くでじゅう)」を寄贈。組手什は間伐材に加工した凸凹(組手)を組み合わせて棚などを作成できるため、避難所の整理棚や学習机などに活用される。
 同機構担当者は、組手什の今後の寄贈について「避難所などからの要望があれば随時応えていきたい」と話し、「現地の緑化推進機構と連携を進めていく」と語った。
 また1000円以上の募金協力者には、熊本県の小国町森林組合が熊本県産スギを使って製作した「『くまモン』チャリティ・ピンバッチ」を配布している。入手方法は、▽5月14日と15日に同機構主催で開かれる「みどりとふれあうフェスティバル」、▽5月16日~20日に農林水産省の「消費者の部屋」で展示される『間伐・間伐材利用促進の週』、▽同機構WEBサイト・申込フォーム(トピックス欄を参照)で申し込む。
 使途限定募金の個人募金や街頭募金、企業募金などの詳しい概要については、「緑の募金」公式サイトで確認できる。
(写真)組手什を使った棚、配布される「『くまモン』チャリティ・ピンバッチ」

今日のニュースへ戻る

(熊本地震の関連記事)
【熊本地震】JAグループ支援隊の活動を延長 (16.05.13)

【熊本地震】作付転換と被災集出荷施設の補修など支援策実施-農水省 (16.05.12)

熊本地震で特例措置 貸付限度額引き上げなど 日本公庫 (16.05.12)

買って熊本農業の支援を 東京・大手町のJAビルでPR (16.05.12)

【熊本地震】農林水産関係被害1085億円超-農林水産省 (16.05.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る