Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

酪農生産の拡大と所得向上へ「十分な議論」を-全中2016年5月20日

一覧へ

 JA全中は5月19日、「指定生乳生産者団体制度」に関する規制改革会議答申についてのコメントを発表した。

 規制改革会議は、指定団体制度について28年秋までに検討して結論を得ると答申した。
 JA全中は、指定団体制度は「酪農家の経営の安定や所得向上を支え、消費者に牛乳・乳製品を安定供給する機能を有している」と指摘し、こうした制度の機能に基づいて「真に酪農家の所得向上と酪農生産の拡大に向けて十分な議論が尽くされるよう切に願う」とコメントした。
 同時に生産者団体としても「指定団体制度のもと、情勢変化に対応した不断の改善や、酪農家の規模拡大・生産性向上の後押しなど、地域の関係者と連携しながら生産基盤強化に向けた取り組みを進めていく」と強調した。

今日のニュースへ戻る

(指定団体制度の関連記事)
生乳指定団体制度-秋までに結論-規制改革会議答申 (16.05.20)

指定団体廃止に反対-自民党が決議 (16.04.14)

指定団体制度の機能維持を-JA全中 (16.04.07)

自民畜産酪農小委 連休前に考え方整理-指定団体制度問題 (16.04.06)

【緊急寄稿】生乳流通見直し問題 指定団体廃止は間違い (16.04.04)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る