JAの活動 ニュース詳細

2018.01.18 
自己改革、12月までに仕上げを 中家JA全中会長一覧へ

 JA全中の中家徹会長は1月17日の定例記者会見で「今年最大の目標は自己改革の完遂」と話し、12月までの実現を目標に掲げた。

 政府の農協改革集中推進期間は平成31年5月までとなっているが、中家会長は「可能な限り前倒しして、今年12月までに仕上げたいという気持ちを持って取り組みたい」と話した。
 そのために中家会長は「どこへでも出かけていって取り組みを支援したい」と話すとともに、各JAは日々の業務のなかで組合員に自己改革に取組んでいることを伝える努力をすることや、広報誌などでも自己改革について「見える化」することが大切だと強調した。
 また、45道府県で30年産米の生産数量の目安が公表されたことについては「米の需給と価格の安定が最優先。各再生協の取り組みはありがたい」と再生協の取り組みを評価し、全国段階組織(全国農業再生機構)での需給調整に向けた取り組みについては、「再度協議していきたい」と述べた。

 

(関連記事)
「中間総括」農協改革はどこまで進んだか【福間莞爾・元協同組合経営研究所理事長】(18.01.11)
30年産米の都道府県方針一覧表作成へ 農水省(18.01.10)
予算案にみる「生産調整見直し」(18.01.07)
ピンチをチャンスに変える年に!自己改革の完遂へ(18.01.04)
予約積上げで肥料価格最大3割引下げ実現(17.12.13)
30年産米生産量 全国735万t(17.12.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ