Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宮城県産せりをPR みのりみのるプロジェクト2018年1月31日

一覧へ

 JA全農「みのりみのるプロジェクト」は、JR仙台駅ビル(エスパル仙台)内にある直営飲食店「グリルみのる」において、2月1日から3月2日までの間、宮城県産せりをふんだんに使用したメニューを提供する。

これから旬を迎える宮城県産せりと東北産牛モモ肉のすき焼き仕立て 全国でもトップクラスの生産量を誇る同県産のせりは、2月から4月にかけてもっとも香りや味が良いと言われており、まさに、これからが「旬」の野菜だ。せりは、せり鍋をはじめ、天ぷらやおひたしでも楽しめる万能野菜であり、JA全農としては今回の「グリルみのる」でのPRを通じてさらなる販売拡大につなげたい考えだ。
 会期中はランチタイムではお惣菜が中心に提供。ディナータイムでは、限定メニューとして「宮城県産せりと東北産牛モモ肉のすき焼き仕立て」(税抜1250円)を提供する。

 

(関連記事)
京都の旬の食べ物を紹介 JA全農(18.01.22)
秋の味覚で、市場関係者と意見交換会 JA前橋市(17.10.19)
「群馬県 前橋市の実り」を銀座で開催 JA全農(17.09.19)
大阪駅で旬の京野菜マルシェ(17.09.15)
JR大阪駅で「和歌山の実り」開催 JA全農とJR西日本(17.07.07)
レゴランド開設にあわせ 名古屋に「みのりみのるプロジェクト」直営店舗(17.03.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る