左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

直販事業拡大へ業務提携-JA全農2018年3月29日

一覧へ

 JA全農は3月27日に直販事業拡大の一環としてデリカフーズHG(株)に続き、さらに3社と業務提携したと発表した。

 業務提携を締結したのは、野菜の仕入れから加工、販売まで一貫体系をつくり、青果物の販売とカット野菜の製造・販売事業を展開しているカネマサ流通グループの中核会社の(株)マルマサフードと金正青果(株)。
 マルマサフード(本社:大阪市)は国内大手コンビニや大手外食チェーンを取引先とするカット野菜の製造・販売や青果物の卸売業を展開している。売上高(28年度実績、以下同)は291億円。
 金正青果(本社:大阪市)は大手総合スーパーなど量販店を取引先とする青果卸売業を展開している。売上高は155億円。
 もう1社はエム・ヴイ・エム商事(株)(本社:神戸市)。量販店等を取引先とする青果物の卸売業やカットフルーツの製造・販売業を展開している。とくにカットりんごは自販機販売なども行い、製造・販売は国内最大手。売上高は93億円(子会社含む)。
 これらの業務提携によって、国内契約産地づくり、インフラ・物流網の共同利用、共同商品開発と販路拡大など、生産から販売までの一貫した事業展開を進めていく。

 

(関連記事)
全農の自己改革 初年度計画ほぼ達成(18.03.28)
実需者ニーズふまえ販売力強化-JA全農30年度事業計画(18.03.27)
業務野菜拡大でデリカフーズと提携 JA全農(18.03.23)
【JA全農米穀事業部】コメの実需者直接販売125万t目標(18.03.09)
【山崎周二JA全農代表理事専務に聞く】農家手取り確保のため さらなる「自己改革」を(18.02.19)
【座談会・「食」の発信 私たちから―全農直販グループ】取引先ニーズを正確に産地に マーケットイン型事業を実践(18.01.26)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る