想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新潟県産の高級西洋ナシ「ル レクチェ」21日販売解禁 JA全農にいがた2018年11月19日

一覧へ

 JA全農にいがたは、新潟県産の高級西洋ナシ「ル レクチェ」を11月21日に全国で一斉に販売解禁する。

新潟県産の高級西洋ナシ「ル レクチェ」 「ル レクチェ」は、早出し競争による品質低下を防ぐため、JAグループ独自の取り組みで販売解禁日が設けられている。出荷時期が1か月と短いため希少価値が高く、甘くとろみのある口当たりや芳醇な香りで、お歳暮などの贈答品としても高く評価されている。
 JA全農にいがたル レクチェ担当の瀬藤瑞穂さんによると、今年は収穫時点で糖度が高く、追熟時期を経てさらに甘みが強くなる見込みとのこと。また今年は、台風被害はあったが病気による傷みが少なかったため、色鮮やかでより美しい果実となったと話している。
新潟県産の高級西洋ナシ「ル レクチェ」 このナシはフランス生まれの西洋ナシで、日本には明治36年に新潟で栽培され始めた。ほかの西洋ナシと比べ追熟期間が長く、表皮が緑色から山吹色に変化すると、高い糖度ととろけるような果肉、上品で芳醇な香りのナシとなる。現在「ル レクチェ」の8割が新潟市、加茂市、三条市、佐渡市など新潟県内で生産されている。
 平成30年産の「ル レクチェ」は、11月21日(水)に全国で一斉に販売解禁となる。

 

(関連記事)
新潟の旬の農産物販売「みのりみのるマルシェ」 JA全農(18.11.19)
おけさ柿の出荷開始 JA全農にいがた(18.10.05)
「新潟県産の料理楽しみに」 みのりみのる開店 JA全農にいがた(17.01.17)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る