想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:全国のJAのホームページから

おけさ柿の出荷開始 JA全農にいがた2018年10月5日

一覧へ

おけさ柿の出荷が始まります!

 主に新潟県佐渡市の羽茂地区、新穂地区、赤泊地区、新潟市の巻地区、秋葉区(旧新津市)で生産されている種なし柿のブランド「おけさ柿」の出荷が始まる。

 「おけさ柿」とは渋柿の「平核無(ひらたねなし)」と「刀根早生(とねわせ)」という品種。種がなくて食べやすく新潟県で名産品の一つとなっている。渋柿だが、炭酸ガスやアルコールにより渋をぬいて出荷しているため、店頭に並ぶときには甘い柿となっている。名前の由来は、代表産地である佐渡の民謡「佐渡おけさ」からきている。また、種がないことが、「越後の七不思議」についで8番目に不思議なことから、別名「八珍柿(はっちんかき)」とも言われている。
 柿はビタミンCを豊富に含み、1日1~2個食べるだけで1日の必要推奨量100mgをほぼ満たすことができる。また、渋みの素であるタンニンはポリフェノールの一種で、渋をぬいてもポリフェノールはなくならないため、おいしく摂取できる。

 詳しくは、JA全農にいがたのウェブサイトのページ「おけさ柿の出荷が始まります!」をご覧ください。

 

 JAcomでは各JAのホームページの紹介をしています。お問い合わせがございましたら電話またはメールにてご連絡ください。
TEL:03-3639-1121
メール:genko@jacom.or.jp

 

(関連記事)
生産者と繋がり深める(17.04.10)
【JAトップアンケート】JA佐渡 齊藤孝夫・経営管理委員会会長 「農業が島を支える」(15.10.26)
【現地ルポ・JA佐渡】朱鷺と共生する郷づくりをめざして(15.01.09)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る