JAの活動 ニュース詳細

2018.12.19 
栃木県産イチゴをアピール JA全農とちぎ 吉川農水大臣へ一覧へ

 クリスマス需要を控えたイチゴをアピールするため、JA全農とちぎは12月17日、農水省を訪れ、吉川貴盛農水大臣を表敬訪問した。高橋武・栃木県本部委員会会長および県内各JAの組合長、谷田部直久・同県本部長が参加し、栃木県産の「とちおとめ」と「スカイベリー」をPRした。

栃木産のイチゴを贈り、吉川農水大臣(前列右から4人目)にPRする高橋会長(同5人目)ら

(写真)栃木産のイチゴを贈り、吉川農水大臣(前列右から4人目)にPRする高橋会長(同5人目)ら

 日本一のイチゴ産地である栃木県では、主力品種の「とちおとめ」が約1万9000t、「スカイベリー」が約1000t生産されている。「スカイベリー」は「とちおとめ」の後継品種として期待されているイチゴで、栽培者はまだ120~130人。現在「とちおとめ」で、市場価格は高値で1パック(300g)1100円ほどの価格に対して、「スカイベリー」が同じく1300円前後。まだ知名度が低く、もっぱら贈答用に使われている。
 試食した吉川農水大臣は「見た目は『とちおとめ』と変わらないが、甘い」と感想を述べた。高橋会長は「農水大臣に喜んでもらい、PRできたと思う。『スカイベリー』は酸味が少なくて評価されている。今年はまずますの気候に恵まれ、出来がいい」と期待を込めた。

※吉川大臣の「吉」、高橋会長の「高」の字は正式には異体字です。

 

(関連記事)
旬の仙台イチゴをPR 全農みのりみのるプロジェクト(18.02.15)
イチゴ8ブランドが味を競う(18.02.06)
イチゴ生産はどこを目指すかでシンポ(18.01.09)
輸送性優れたイチゴ「恋みのり」(17.02.21)
栃木県産新イチゴ「スカイベリー」本格出荷(14.12.12)
合言葉は「たちつてとちぎ」 栃木イチゴをPR(14.12.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ