左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

合言葉は「たちつてとちぎ」 栃木イチゴをPR2014年12月4日

一覧へ

出荷量46年連続日本一めざすJA全農とちぎ

 JA全農とちぎは「たちつてとちぎ」を新たなキャッチコピーに、平成27年産の県産イチゴをPRしている。27年産の出荷が始まる直前の11月には、都内で流通業者らとの情報交換会を開いた。

とちおとめをPRする栃木県イメージキャラクターの「フレッシュメイト」、ご当地アイドル「とちおとめ25」、ご当地キャラ「トチゴくん」高橋武・JA全農とちぎ運営委員会会長 栃木県は昭和43年から平成26年まで45年連続でイチゴ出荷量全国一位だ。11月からすでに27年産イチゴの出荷は始まっており、「例年の約2倍の出荷ペースでスタートした」(佐藤健一・栃木いちご消費宣伝事業委員会委員長)という。27年産も主力品種「とちおとめ」を中心に、「生産者とJAが一丸となって」(高橋武・JA全農とちぎ運営委員会会長=写真左)46年連続日本一をめざす。
 JA全農とちぎでは、今年のとちおとめ販売目標を、▽収穫量:4200kg/10a(前年比150kg増)、▽年間出荷量:2万1500t(同708t増)、▽年内出荷量:3200t・シェア15%(同122t増)、▽総販売額:225億円(同10億6400万円増)、▽1kgあたり単価:1050円(同19円高)としており、高橋会長は「とちおとめを中核として、栃木県のいちご王国をゆるぎないものとしたい」と力をこめている。また、今年は新品種「スカイベリー」の正式販売が始まる。「新たなスターとして、とちおとめとともに売り出したい」(福田富一・栃木県知事)考えだ。
 情報交換会では、このほか、栃木県のご当地アイドルやご当地キャラがとちおとめをPRした。

 「たちつてとちぎ」は、JA全農とちぎの今年のキャッチコピー。栃木県産農産物は「た=太陽さんさん、ち=近くて新鮮、つ=作り手まじめに、て=手塩にかけた」ものだということを紹介する合言葉で、イチゴに限らず米、野菜、畜産物などにも付けられている。

(上写真)
とちおとめをPRする栃木県イメージキャラクターの「フレッシュメイト」、ご当地アイドル「とちおとめ25」、ご当地キャラ「トチゴくん」


(関連記事)

【現場で役立つ農薬の基礎知識 2013】[16]イチゴの施設栽培防除(2013.09.20)

イチゴの個別包装容器を開発 流通ロスを軽減(2013.03.25)

イチゴの定置型収穫ロボット開発 農研機構(2013.06.06)

生産性向上に貢献する土づくりの最新資材  土づくり推進フォーラム(2012.07.30)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る