想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

イチゴの定置型収穫ロボット開発 農研機構2013年6月6日

一覧へ

 農研機構生研センターは6月4日、定置型イチゴ収穫ロボットを開発したと発表した。平成26年度の実用化をめざす。

定置型収穫ロボット(右)と移動型栽培ベッド イチゴ栽培にかかる全労働時間の約4分の1が収穫作業だといわれている。機構では、この収穫作業時間を短縮させようと移動型の収穫ロボットを開発してきたが、コストがかかること、昼間は明るすぎて収穫適期の赤色果実を判別する精度が下がること、などの課題があった。
 そこで機構では、収穫ロボットを固定したまま、栽培ベッドを移動させるシステムを開発した。収穫機を固定したことで判別装置のみを遮光し昼夜問わず精度の高い判別が可能になった。栽培ベッドは自動で移動するためさらなる作業の省力化も実現している。また、慣行栽培に比べて2倍の密植が可能なため、収穫量の増加も期待できる。
 1?3月に行った性能試験では、収穫成功率は4?7割、1時間あたりの処理面積は20?40平方mだった。
 機構では、「定植から栽培管理、防除、収穫までをシステム化することができ、大規模生産技術の構築に貢献できる」と期待を寄せる。今後は、さらなる精度の向上と安定性・耐久性の調査を行い、26年度には販売したい考えだ。

(写真)
定置型収穫ロボット(右)と移動型栽培ベッド


(関連記事)

イチゴの個別包装容器を開発 流通ロスを軽減(2013.03.25)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る