Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

エノキタケが「機能性表示食品」として全国初デビュー JA中野市2020年1月6日

一覧へ

 長野県のJA中野市は、全国初となる生鮮キノコ(えのきたけ)と生鮮ブドウ(ナガノパープル)の“機能性表示食品”の届出が消費者庁に受理され、12月から表示が入ったパッケージでの販売を開始した。

エノキタケの機能性表示

機能性表示が入ったパッケージで販売が開始された。

 今回受理された内容は、エノキタケとナガノパープルには"血圧降下作用"がある「GABA」が含まれているというもの。信州大学が分析・立証し、JA全農が消費者庁に届出をして昨年10月に受理された。

 12月から「本品にはGABAが含まれます。GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています」などの表示が入った「長野県JA産えのきたけ」の販売が開始されている。

 JA中野市は、年2回発行するフリーペーパー『なかのきのこ新聞』を発行している。また、同新聞のWEB版では、毎週金(菌)曜日を菌ツマの日と称して、編集部お薦めのキノコのおつまみ「菌ツマレシピ」を配信している。

なかのきのこ新聞"きのこの日"の10月15日に合わせて創刊した『なかのきのこ新聞』

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る