左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

瀬戸田レモンの魅力発信 JR西日本と地域振興協定 JA三原2020年6月3日

一覧へ

広島県のJA三原はJR西日本岡山支社と、尾道市瀬戸田町の地域振興に取り組む「レモン等瀬戸田地域振興に関する協定」を締結した。調印式は同町のレモン畑で開かれ、JA三原の西原常雅組合長とJR西日本の有田泰弘岡山支社長が協定書に署名した。

瀬戸田町のレモン畑で協定に締結した西原組合長瀬戸田町のレモン畑で協定に締結した西原組合長(写真左)と有田支社長(広島県尾道市)

明治時代にレモン栽培が始まったといわれる同町は国内有数のレモン産地。

JAグループとJR西日本の中国エリアでの協定締結は初めてで、今後は、尾道市とも連携しながら、瀬戸田レモンなど柑橘類を使った商品の開発や、瀬戸田地域のブランド価値向上に取り組み、地域振興と観光客誘致、商品開発や販路拡大による生産者の経営安定を図る。

調印式でJA三原の西原組合長は「産地が躍進する機会であると同時に新たな歴史が刻まれることを誇りに感じる。連携を強化し、一層の産地発展を願っている」と話した。

国内外に魅力を発信する「ふるさとおこしプロジェクト」を推進するJR西日本は、JAと瀬戸田レモンを使った「瀬戸田レモンCHU-HI」を共同開発し、2016年7月から駅ナカ限定で販売。約40万本を売り上げ、姉妹商品と合わせると約68万本を販売した。

2018年7月の西日本豪雨の被災で生産中止となったが、2019年7月に再開したところ、今年2月に完売。人気の高さを受け、6月1日に「瀬戸田レモンCHU-HI」の販売を再開した。

レモン産地と高齢化した生産者のモチベーション維持が重要とみるJAは、今回の協定で鉄道利用者に瀬戸田の魅力を発信し、販路拡大と地域農業の振興を期待する。実際、同JAによると、瀬戸田地域の生産者も今回の締結で注目されたこともあり、大いにやる気を起こしているという。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る