Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1時間で完売 JA共済マルシェ2020年9月14日

一覧へ

JA共済連(青江伯夫会長)は9月10日、東京のJA共催ビルエントランスで産地直送野菜の販売を通じて生産者支援にもつなげようとする「JA共済マルシェ」を開いた。およそ220人が買い物を楽しみ、わずか1時間ほどで完売する盛況ぶりだった。

新鮮できれいな野菜にワクワク新鮮できれいな野菜にワクワク

マルシェはフランス語で「市場」のこと。ちょうど10回目に当たった8月20日の同マルシェでは、台風15・19号で大きな被害に遭った関東甲信越の野菜を対象に都心の住民が買い物を楽しんだ。通算11回目の今回は、ちょうどシーズンを迎えた台風の到来を意識して開催し、確実に農産物を会場に並べられるよう、長野県産のぶどうや千葉県産の梨などを中心に全国から秋の味覚980点余りを直送の形で取り寄せた。

当日は、販売開始前からこの日を楽しみにしていた近隣の住民や会社員などおよそ220人(主催者発表)が会場に列をなし、11時の開始からわずか1時間ほどの12時過ぎには「完売」となる盛況ぶりだった。

楽しそうに満面の笑みを浮かべながら買い物を楽しんでいた近隣に住むという主婦は、「2回目の参加。前回購入した桃が家族に大好評だったので開催を待っていた」と話し、「マンションに掲示されていたチラシでマルシェを知った。いつも行くスーパーより安いし、そこには置いていない加工品も充実していて大変満足」とうれしそうに語ってくれた。

【JA共済連】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る