想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

横浜銘菓とコラボ「ハーバー海老名いちご」新発売 JAさがみ2020年11月26日

一覧へ

神奈川県のJAさがみは12月1日、菓子メーカーの(株)ありあけの横浜銘菓、ハーバーとコラボした「ハーバー海老名いちご」を発売する。

ハーバー海老名いちごハーバー海老名いちご

県内一の共販出荷量を誇る海老名産のイチゴは、枝に実らせたまま完熟させるため、甘さとコクと程よい酸味で人気だが、完熟させたまま出荷するため遠距離の輸送には不向きだった。そこで、JAさがみは、「いつでもどこでも気軽に食べたい」という消費者の声を受け、ありあけとコラボした加工品「JAさがみオリジナルハーバー海老名いちご」を作った。

餡をくるんだ焼き菓子「ハーバー」の中身に海老名産いちごのピューレを練りこんだ特製の餡を使いしっとりと焼き上げており、いちごの風味がひときわ香る。

海老名のいちごは、昭和5年に、日本初の育成種である「福羽(ふくば)イチゴ」の苗を導入して栽培したのが始まり。昭和14年には約300戸に広がる県内有数のいちご産地となり、昭和63年からは「女峰(にょほう)」に全面転換。現在では「とちおとめ」「紅ほっぺ」などが出荷されている。

「JAさがみオリジナルハーバー海老名いちご」は、8個入り1080円。12月31日までは記念特価の1000円で販売する。

JAさがみの直営直売所8店舗とJAさがみ営農経済センター9店舗で販売。11月9日から各営農経済センターで予約を開始。販売量は3750箱。価格はいずれも税込。
問い合わせは、JAさがみ購買課(電話)0466-48-2500。

海老名のいちご海老名のいちご

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る