Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

医療従事者らに「おかやま米」15tを贈呈 JAグループ岡山2021年2月1日

一覧へ

JAグループ岡山と岡山県農政協議会は1月28日、県内の医療従事者や子ども食堂、大学等への「おかやま米」贈呈式を岡山市内で開き、JA岡山中央会の青江伯夫会長が関係組織の代表者らに目録を手渡した。

青江会長(左)から目録を受け取る関係組織の代表者青江会長(左)から目録を受け取る関係組織の代表者

JAグループ岡山は、新型コロナウイルスと最前線で戦う県内の医療従事者、コロナの影響を受けている大学生や子育て家庭への支援を目的に、岡山県病院協会と大学コンソーシアム岡山、子ども食堂の関係組織に「おかやま米」約15tの贈呈した。この取り組みは、米生産者・産地を応援する「岡山県産米消費拡大運動」の一環として行われる。

今回、医療従事者らに贈呈した「きぬむすめ」は同県で初めて食味ランキングの最高ランク"特A"を取得した品種で、現在4年連続で特Aに選ばれている。その中でも地域ブランド米として展開している「里海米 きぬむすめ」は、"牡蠣のから"を砕いたものを栽培肥料として活用しており、海のミネラルや栄養分が豊富な米となっている。なお、この資源循環型で栽培される「里海米」の売り上げの一部は、「瀬戸内かきがらアグリ基金の基金」として積み立て、「食べて守る!瀬戸内海」をスローガンとした里海再生活動を支援している。

「おかやま米」贈呈式でJA岡山中央会の青江会長は、「コロナ禍で困難な状況に立ち向かう医療従事者への感謝の気持ちと大学生や児童に対する激励を伝えるため、おかやま米の贈呈を決めた。おかやま米を食べて、笑顔で元気になってほしい」と話した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る