ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

アジア卓球選手権大会がドーハで開幕 日本代表を「ニッポンの食」で応援 JA全農2021年9月28日

一覧へ

JA全農は、9月28日から、カタールのドーハで開幕する「第25回アジア卓球選手権大会」に出場する卓球日本代表選手の 総勢11人を「ニッポンの食」で応援する。

「ニッポンの食」を手に笑顔の(左から)戸上隼輔選手(明治大学)、木造勇人選手(愛知工業大学)、安藤みなみ選手(TOP名古屋)、早田ひな選手(日本生命)「ニッポンの食」を手に笑顔の(左から)戸上隼輔選手(明治大学)、木造勇人選手(愛知工業大学)、
安藤みなみ選手(TOP名古屋)、早田ひな選手(日本生命)

JA全農は2019年度から、海外ネットワークを活用して現地での食事サポートを本格的に開始。現地レストランと協力して、輸出した日本産の精米や和牛を使った和食の提供や、補食用のおむすびの提供など、海外でも選手が普段通りのパフォーマンスを発揮できるよう、「ニッポンの食」を通じて応援している。

現在、新型コロナウイルスの影響で現地でのサポートが困難なため、今回は、JA全農が運営する産地直送サイト「JAタウン」に掲載されている商品や全農ブランド商品を中心としたインスタントごはん、ご飯のおとも、フリーズドライのみそ汁やスープなどを出国前に渡した。

新型コロナウイルスの感染対策として入国後に隔離期間も設けられ、さらに選手は9月20日から25日に行われた「WTTスターコンテンダー・ドーハ大会」にも出場。長期間の遠征となった選手のため、日頃食べ慣れた「ニッポンの食」を贈った。今回の遠征で初めて渡した商品は"ニッポンエール"のドライフルーツ「高知県産しょうが」と、「JAタウン」の「信州きのこの味噌汁」。卓球日本代表が現地で楽しみながらエネルギー補給できるよう、ラインナップを更新している。

卓球日本代表に提供した「ニッポンの食」卓球日本代表に提供した「ニッポンの食」

◎提供食材と提供元
<全農ブランド(全国農協食品)>
・国産米使用ふっくらごはん
・新潟県産コシヒカリ使用白がゆ

<JAタウン>
・あきたこまち比内地鶏ぞうすい
・石見銀山和牛しぐれ (ふりかけ)
フリーズドライみそ汁・スープ類

<JAくらしの宅配便>
・しおふき昆布
・信州なめ茸

<全国農協食品>
・インスタントごはん
・"ニッポンエール"国産紅はるかの干し芋
・"ニッポンエール"ドライフルーツ
・愛媛県産じゃば柑
・和歌山県産南高梅・はっさく・清見オレンジ
・高知県産しょうが

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る