ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

JAぎふ 多収性品種への転換などで5000万円所得増大 JA自己改革2021年10月21日

一覧へ

JAぎふは、米の買取販売の強化や、多収性品種への転換などへの取り組みで2019~2020年度の1年で約5000万円の所得増大効果を発揮した。

JAぎふは、ふるい下米の活用による買取販売を強化している。

統一紙袋を作成し、組合員からの集荷時に合わせてふるい下米も集荷。カントリーエレベーターでの集荷、選別作業で出てくるふるい下米と合わせてロットを大きくし、実需者などへ価格交渉することで単価の向上に取り組んだ。これによって2020年度には約225万円の所得増大効果を上げた。

また、多収品種で暑さにも強い新品種「にじのきらめき」への作付け転換も進めている。コシヒカリ並みの食味を持ち、栽培では直播栽培も導入してコストダウンを図っている。

JAは組合員に複数年契約や加工用米などの水田活用米穀の作付けを提案し、176haでコシヒカリなどから「にじのきらめき」へ作付けを転換した。その結果、単収は約160kg増大し、それによって約4690万円の所得増大効果を挙げた。

消費拡大にも取り組んだ。コロナ禍で家庭内消費が増えたことをふまえ、新たな販売手法として地域住民を対象にしたドライブスルー販売を行うなど消費拡大キャンペーンを実施した。

令和2年産米価格はコロナ禍で前年度にくらべ相対的に下落したが、新たな販売手法を取り入れたことで販売取扱い数量は前年度比約21%増加した。その結果、約120万円の所得増大効果を挙げた。

これらの取り組みの結果、合計で約5035万円の所得増大効果を実現した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る