人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

大関と共同開発「ニッポンエールりんごにごり酒300ml瓶詰」発売 JA全農2023年10月12日

一覧へ

JA全農と大関は10月23日、全国の産地を応援する「ニッポンエールプロジェクト」の共同開発商品として、「ニッポンエールりんごにごり酒300ml瓶詰」を発売する。

新発売の「ニッポンエールりんごにごり酒300ml瓶詰」「ニッポンエールりんごにごり酒300ml瓶詰」は、長野県産「りんご三兄弟」の特長である甘みと酸味とにごり酒のまろやかな飲み口がマッチした味わい。長野生まれのオリジナル品種をもっと広めて長野県産のリンゴを盛り上げようという生産者の想いに賛同し開発された。

「ニッポンエールプロジェクト」は、JA全農とメーカー、販売先が協力して、国産農畜産物のPRやキャンペーンなどを展開し、商品を通じて産地を応援する活動。同プロジェクトのコンセプトに賛同する大関は、農業と密接に関わりながら、米を原料とする日本酒造りを310年以上続けている。

長野県内の果樹は、生産者の高齢化などにより生産基盤の減少に歯止めがかからない状況で、主要品目であるリンゴについても、果樹面積が過去30年間で30%以上も減少している。こうした中、多くの品種があるリンゴで2009年から長野県生まれのオリジナル品種「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」を「りんご三兄弟」と名付けて展開。長野県内のリンゴ産業の活性化と生産者の経営安定を目指し育成、販売している。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る