人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

馬路村農業協同組合「第62回農林水産祭」多角化経営部門で天皇杯を受賞2023年10月23日

一覧へ

馬路村農業協同組合(高知県安芸郡)は第62回農林水産祭の多角化経営部門の天皇杯を受賞し、11月23日に明治神宮会館で行なわれる農林水産祭式典で表彰される。多角化経営部門での受賞は高知県で初めて。

馬路村のゆず馬路村のゆず

県東部の徳島県との県境に位置する馬路村は、周囲を標高1000メートル級の山に囲まれ、村の総面積の約96%が森林で占められる人口800人の小さな村。特産のゆずの栽培は昭和38年に始まった。

林業が衰退する中、新たな産業として取り組んだゆずの栽培と販売は農業協同組合にとって大きな挑戦となり、当時はゆずを知っている人は少なく、全国の百貨店催事に出店してもあまり手に取ってもらえない状況だった。そこで、「どうすれば、ゆずを美味しいと思ってもらえるのか」と試行錯誤する中、消費者に普段からゆずを味わってもらえるよう、ぽん酢やドリンクを開発。また、ゆずを無駄なく使うため、皮はジャム・ゆずこしょうに、種はスキンケア商品にするほか、残った部分は村の製材所のおが屑と混ぜて堆肥にし、生産者へ無料で配布した。

平成13年からは、より消費者が安心してゆず商品を手に取れるよう、有機農業などに則った栽培を全農家で実施。商品製造や受注、発送は村内に施設を整備し、ほぼ自組合で行うことで委託の場合のコストを減らし、生産者への利益の確保や地域雇用にも一役買っている。

過去に開催された「ゆずはじまる祭り」の様子過去に開催された「ゆずはじまる祭り」の様子

現在は、インスタグラムや、フェイスブックなど若手チームによるSNSでの情報発信、楽天等への出店など、新たな販売チャネルも積極的に開拓。幅広い世代へのアプローチや、販路拡大のため加工品の輸出も順次拡大している。今回の受賞は、こうした「ゆず」をおける事業を多岐にわたり長年継続してきたことが評価された。

同組合は今後もゆずのあらゆる可能性を模索しながら事業を進めていく。今年は、その年のゆずの実りを祝う「ゆずはじまる祭り」を4年ぶりに開催。コロナ前は全国から3000~4000人が参加していたイベントで、ゆずづくしの郷土料理が楽しめるほか限定スイーツ、限定ドリンクも楽しめる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る